本文へ移動

マレーシア

マレーシアについて

タイ
正式名称 マレーシア / Malaysia
首都 クアラ・ルンプール
言語 マレー語 (中国系住民社会では中国語、インド系住民社会ではタミル語が使われています。英語は各民族間での会話で使用されていますので旅行では英語使用が主になります。)
通貨・レート マレーシア・リンギット(RM)とマレーシア・セン(SEN)があり、1リンギットは100セン。
2021年1月現在の為替レート1RM≒25.66円
チップ 日本同様、高級な場所ではいくらか渡したほうがスマート。
・ホテル 荷物を運んでくれた際やルームサービスに5RM程度。
          (ピローチップは不要)
・レストラン:サービス料が含まれているようなレストランではおつりの小銭を、含まれていなかったら支払い額の10%程度。
・タクシー:不要

飲料水 水道水は飲まないでください。(コンビニエンスストアやスーパーマーケットで500mlのペットボトル1本1.2~2RMほどで売られています。)
日本からのフライト時間 東京からクアラルンプールまで直行便で約7時間
時差 -1時間(日本の正午がマレーシアの11:00)

出入国について
・ビザ:日本国籍で観光・商用目的で90日以内の滞在ならビザは不要です。
但し帰路(もしくは次の目的地)への航空券を所持している事が条件です
それ以上滞在する場合はビザが必要になります。
・パスポートの残存有効期間:入国時に6か月以上あれば入国可能。
・入国時に必要な書類:両手人さし指の指紋確認証を受けます。イミグレーションカードは廃止されています。必要な方のみ税関申告書。
※マレー半島から東マレーシア(サバ・サラワク両州)へ移動する場合、国内移動であっても、両州到着時にパスポートチェックがあります。

禁止事項 マレーシアではすべての飲食店での喫煙が禁止されている。
禁煙場所 ・各飲食店
・公共の場所(道路や公園、人が集まるような場所)
・公共交通内や駅(バス、鉄道、空港など)、タクシーの車内
・ショッピングセンター
・政府関係の建物
・宗教施設
・マラッカ世界遺産地区
・ジョージタウン世界遺産地区
・禁煙と書かれている場所
違反者の処罰 最高1万RM(約28万円)の罰金もしくは2年以下の懲役
免税たばこの持ち込み、所持について
入国に際して、主な免税範囲は以下の通りです(※72時間以上の滞在に限り免税です)。
酒類:1リットルまで
紙巻たばこ200本/またはタバコ225g
 
たばこ・アルコール販売制限
・たばこ:マレーシアでは18歳以下にタバコを販売することは法律で禁じられております。
・アルコール;マレーシアはイスラム教国ですが、21歳以上の観光客に対して飲酒の制限はありません。 お酒はスーパーマーケット等で購入が可能です。日系のデパートでは日本のお酒を購入することも可能です。またレストランや中国系の屋台でもお酒は飲むことができます。
※マレー系の屋台や商店ではお酒は置いていません。 
交通ガイド KTM(マレーシア国鉄)、LRT(高架鉄道)、モノレール、MRT、バス、タクシー、などあります。
・タクシー:初乗り(最初の2km)3RM、1kmごとに1RMが目安です。

お気軽にお問い合わせください

TEL. 06-6315-7511
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る