本文へ移動

シンガポール

シンガポール観光地情報について

マーライオン公園

彫刻家リム・ナン・センによって作られたマーライオンは、1972年にシンガポール河口に設置されました。上半身はライオン、下半身は魚で、ライオンはシンガポールと呼ばれることになった元の名前「シンガプーラ」(マレー語で「ライオンの町」)を表しています。
2002年に場所を移動し、フラトンホテル正面のマーライオン公園にマリーナ・ベイを見渡すように立っています。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

シンガポール中心部、マリーナ・ベイ・ウォーターフロントに位置するガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、自然を愛する人や将来の若き園芸家の聖域です。「ベイ・サウス・ガーデン」、「ベイ・イースト・ガーデン」、「ベイ・セントラル・ガーデン」という3つのゾーンで構成されている101ヘクタール超の空間ーこの緑深いオアシスは、2012年の発オープン以来、多数の賞賛を得ています。

ナイトサファリ

1994年にオープンした、シンガポール動物園に隣接するナイトサファリは、世界発の夜行性動物サファリパークです。とはいっても、その佇まいは、実際のサファリというよりは、野生動物公園に似ています。暗闇に目が慣れるまで少し時間がかかりますが、一旦慣れてしまえば、130種以上、2500頭を超える動物たちがお出迎えー絶滅危惧種のアジア象、マレー・バクやマレー・トラなどの地域固有種もたくさんいます。

お気軽にお問い合わせください

TEL. 06-6315-7511
お電話でのお問い合わせをお待ちしています
TOPへ戻る