本文へ移動

台湾

台湾について

タイ
正式名称 中華民国(台湾)Republic of China(Taiwan)
首都 台北
言語 公用語は中国語(北京語)で台湾語も話される。英語の通用度は日本と同じ程度。日本語を話せる人も多く、観光地やホテルでは、日本語のほうがよく通じる。
通貨・レート 台湾元 2021年1月19日現在の為替レート1元≒3.7円
チップ 台湾にはチップの習慣はありません。ただし、無理を通してもらった際は気持ちで渡してください。目安は50~100元。なお、高級レストランやラグジュアリーなホテルの場合、料金に10%程度のサービス料が加算されているためチップは不要です。

飲料水 水道水はそのまま飲まないでください。屋台のジュースなどの氷にも注意してください。ミネラルウォーターはコンビニエンスストアやスーパーマーケットで売られています。空港や駅、バスターミナルなどにはウォーターディスペンサーが設置されていて、水、お湯、ぬるま湯を無料で汲むことができます。
日本からのフライト時間 直行便で東京から台北まで約4時間、札幌からは約4時間半、大阪、名古屋、小松からは約3時間。
時差 -1時間(日本の正午が台湾の11:00)

出入国について
・ビザ:日本国民の場合、観光目的での90日以内の滞在ならビザは不要。帰国のための予約済み航空券あるいは次の目的地への航空券の提示が必要とされている。それ以上滞在する場合はビザが必要になります。
・パスポートの残存有効期間:台湾到着時に滞在予定日数以上。
・入国時に必要な書類:入国カード、必要な方のみ税関申告書。

年齢制限 たばこ、アルコールは満18歳以上です。

禁止事項 台湾ではMRTやバス日車内、構内でのマナー違反(喫煙や飲食など)は、日本より厳しい罰則があります。違反者は1500元以上7500元以下の罰金です。
たばこはホテルを含む公共の場での喫煙は法律で全面的に禁止されており、罰金は1万元。また、電子たばこ(加熱式たばこ)の持ち込みは禁止されています。

免税たばこの持ち込み、所持について
海外から台湾国内に持ち込めるたばこ類は、紙巻タバコ200本以内葉巻25本以内、刻みタバコ1ポンド(454g)以内。これ以上は高額な税金がかかります。
 
交通ガイド MRT(捷運)、市バス、タクシー、レンタルサイクルなどあります。
・タクシー:料金はメーター制で初乗り70元で200mごとに5元ずつ加算される。23:00~翌6:00は夜間料金として20元が加算。チップは不要です。

お気軽にお問い合わせください

TEL. 06-6315-7511
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る