本文へ移動

タイ

タイ王国について

タイ
正式名称 タイ王国 Kingdom of Thailand
首都 バンコク
言語 タイ語 (英語は外国人向けの高級ホテルや高級レストランなどではある程度通じますが、一般の通用度は低いです。)
通貨・レート バーツ(Baht)2020年12月8日現在の為替レート1B≒3.5円
チップ 日本同様、高級な場所ではいくらか渡したほうがスマート。
・ホテル 荷物を運んでくれた際やルームサービスに20B程度。
          (ピローチップは不要)
・レストラン:サービス料が含まれているようなレストランではおつりの小銭を、含まれていなかったら支払い額の10%程度(多くても100B程度)。
・タクシー:不要
・タイ式マッサージ・スパ:一般的には満足に応じて1時間50B程度~、2時間100B
程度~が目安。スパは店のグレードに応じて100B程度~。

飲料水 水道水は飲まないでください。(コンビニエンスストアやスーパーマーケットで300mlのペットボトル1本6~10Bほどで売られています。)
日本からのフライト時間 東京からバンコクまで直行便で約5時間30分~6時間
時差 -2時間(日本の正午がタイの10:00)

出入国について
・ビザ:観光目的で、入国後30日以内に出国する予約済みチケット及び1人万B(家族2万B)相当の現金があれば、ビザなしで30日(29泊30日)滞在できます。
それ以上滞在する場合はビザが必要になります。
・パスポートの残存有効期間:入国時に6か月以上あれば入国可能。
・入国時に必要な書類:出入国カード、必要な方のみ税関申告書。

年齢制限 18歳未満はたばこ、アルコール類の購入、使用は不可です。

禁止事項 タイでは公共スペースでは喫煙が禁止されている。
禁煙場所 公共交通機関、エアコン付きの建物内(乗り物などの待合室、スポーツ施設、レストラン、エレベーター、バー、ナイトスポット、ホテルロビーなど。)、
建物内(劇場、図書館、床屋、美容院・エステ・スパ施設、トイレなど。)
違反者の処罰 罰金2000B
免税たばこの持ち込み、所持について
海外からタイ国内に持ち込めるたばこ類は、紙巻きたばこ200本(1カートン)、または葉巻、刻みたばこ、嗅ぎたばこなど250gまで。これ以上は高額な税金がかかる。
 
たばこ・アルコール販売制限
・たばこ:展示販売の禁止の為店頭には陳列されていない。
・アルコール;11:00~14:00と17:00~24:00のみ販売可。販売不可の時間帯に酒類を出さない飲食店もあります。また、選挙の前日18:00から当日24:00までは酒類の販売および飲食店での提供は不可。仏教関係の祝日にも酒類の提供を自粛する飲食店があります。 
交通ガイド BTS(スカイトレイン)、MRT(地下鉄),バス、タクシー、トゥクトゥクな
どあります。
・タクシー:初乗り1km35B、1~10kmは1kmごとに5.5Bが目安です。
・トゥクトゥク:徒歩10分の距離で30~50B、20分で50~80Bが目安。

お気軽にお問い合わせください

TEL. 06-6315-7511
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る